×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うなぎパイ すべては、お客様の「たのしい!」のために。


テニスの歴史

テニスの歴史は古く、複数の人間が一つの球を互いに打ち合う形態の球技の起源は、紀元前にまで遡ることができるが、現在のテニスの直接の起源に当たる球技は8世紀頃にフランスで発生し、当初はラ・ソーユ、後にフランス貴族の遊戯として定着をはじめた16世紀以降にはジュ・ド・ポームと呼ばれた。
この頃は現代のラケットはまだ使われておらず、手の平かせいぜい手袋をつけてボールを打ち合っていた。16世紀に現代のラケットの原型が登場し、それが現代のテニスに発展していきました。


テニスとは

基本的には、ネットを境界として互いにボールを打ち返して遊ぶ
スポーツです。これ以上の説明はありません^^
1対1で行うシングルス、2対2で行うダブルスがあり、男女ペアでの2対2の場合はミックスダブルスと呼ばれます。