×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うなぎパイ すべては、お客様の「たのしい!」のために。


コートや用具について



ラケット

@ ・丸い部分がフェイス面で、何インチという大きさで表されます。大きい方が当然ボールが当たりやすく、初心者は100〜110インチくらいが良いでしょう。初心者向きラケットを選ぶとおおよそ、その位の大きさになっています。

  ・このフレームの中に「ガット」と呼ばれるものが張ってありこれでボールを飛ばします。
ナイロン素材や牛や羊の腸を使ったもの等がありますが、最初はナイロン素材が安価で使いやすいと思います。

  ・ガットは本体を購入してから、お店にお願いして張ってもらうのですが、張る「強さ」があり、ポンド表示です。たいていラケットの真ん中あたりの三角部分に「tension53-63LBS.」などと書いてありますので、わからなかったら真ん中あたりか又はお店の人に聞きましょう!


A 高いラケットになってくると、最初はガットが張られておらずフレームだけを購入します。
  初心者ラケットは軽く、上級者用は重い傾向があり250g〜330gが一般的です。
  
B グリップ。持つところです。盲点ですが、同じラケットでも太さの違いがあります。
  メーカーにより違いますが、一番下に「NO1」とか「NO3」とか書いてあるのが太さで
  おおよそ1〜3。1が細く、3が太くなります。太いほうが安定すると言われますが、これは
  好みで構わないと思います。迷ったら無難に2を買って、使ってみた感じで判断しましょう!